ディズニーランドパリ渡航計画!コロナの影響は?

すごく久しぶりのブログ更新となってしまいました。

というのもパリが大好きで定期的に来ていた私もコロナ中は日本から出ることもできず…

2020年1月以来2年以上もの月日を経てやっと戻ることができました。

 

こんなに長引くとは、コロナ恐るべし。

そして大好きなディズニーランドパリもコロナの影響で少しシステムが変わっていたりします。

 

ディズニー好きな方のツイートを見たり質問を受けたりしていて、発信することで役に立つことがあるかも?と思ったので

急遽メモ書き程度にはなりますが、現在のパーク状況や気をつけたほうが良さそうなことをこちらで紹介していきたいと思います。

 

ディズニーランドパリの状況 

マスクについて

現在は、マスク着用義務がなくなりキャスト・ゲストともにマスクをしている方はほとんど見かけなくなりました。

これはディズニーだけでなくフランス全土で共通して言えることで、電車などの公共交通機関でのマスク着用義務も5月中旬に撤廃され今やマスクをしている人を見かけることは稀となりました。

 

ただ、日本人は普段ずっとマスクをして生活をしているためいきなりマスクを外すことに抵抗があるかもしれません。

実際パリは大気汚染が問題となっており5~6月中旬は花粉も多く飛散しているため、様々な外的要因での体調不良を懸念するのであればマスクを着用していた方が安全だと思います。

 

薬局でも大量のマスクが売られているのは見かけますし、パーク内やパリ市内でもマスクをつけている人が0ではないため、コロナ前のようにマスクをつけているからと言って変な目で見られたり差別を受けることはほぼなさそうです。

(実際、観光客はマスクを着用している方も多いように感じます。)

 

ワクチン接種証明書

こちらは一時期カフェに入るのにも提示が必要とされていたものですが…

パーク含めフランスに来てから私は1度も使ったことがありません。

ただ、飛行機に乗る際のチェックイン時(日本)でのみ提示を求められました。

 

フランスでも、もしかしたら病院に行くときや帰国時のチェックイン時に必要になるかも?

コロナに過敏なフランス人にもあまり会ったことがないので、よっぽどのことがない限り普通に生活をしていて提示を要求されることはなさそうです。

 

入園者数制限について〜コロナの影響大!〜

パリ市内、パーク内は平日でも常に混雑しておりコロナはすでに終わっているかのような状況です。

実際コロナによるディズニーランドパリパーク内の影響はほぼないように感じています。

 

しかし、1点注意しなければならないのが日本と同じように「ディズニーランドパリも1日あたりの入園者数の制限を設けている」こと。

 

これにより定員に達した時点でもちろん当日のパークチケットを購入することはできなくなります。

土日やフランスの祝日のある週は特に注意が必要です(祝日があると前後に有給を使って大型連休にしている方も多いので祝日付近の日は全て混雑する恐れがあります)。

 

ディズニーランドパリ年間パスポートについて

ディズニーランドパリ年間パスポート作成方法

ディズニー好きとして何回も行くならやはり年間パスポートはゲットしておきたいですよね。

以前は作成完了するのにパーク内での手続きも必要でしたが、現在はパーク外で作成を完了させることができます。

 

場所はウォルトディズニースタジオパークの年間パスポート専用窓口。

12:00~17:00の間で作成が可能ですが、窓口も少ないので作成したい場合は30分ほど並ぶことを覚悟しておくと良いかもしれません。

 

ちなみに1dayパスポートからの切り替え(差額分を引いた分で年間パスポート作成)もできるようなので、12:00~openが気になる方はとりあえず先に1dayパスポートを購入して午前中パーク内を楽しんでおくのもありですね。

 

年間パスポート入園予約について

お土産なども安くなりますし、年間パスポートの購入はぜひオススメしたい!のですが…

 

実は現在

年間パスポート=入園可能日はいつでも入れる

ではなく

年間パスポート=入園可能日はいつでも予約できる

となっています。

 

どういうことかというと、入園者数の制限を設けている影響で「年間パスポートを持っていても入園予約が必要」となっています!

入園予約はこちらから

 

そして、入園予約については日によっては空いていますが結構埋まってしまっている日も多く…

フランスの祝日が重なると連日予約不可能(定員に達している)なんてこともあります。

 

「パリに着いたら年間パスポート作ってディズニー三昧しよう!!!」

なんて思っていても

1日もスムーズに予約できなかった…なんて事態も起こりうるので注意した方が良さそうです。

 

特に

  • 土日
  • 祝日
  • ヨーロッパのバケーション期間(夏)

が被る方は要注意です!!

 

ちなみに予約不可能な日に関しては「キャンセル待ち」の枠を確保できるので、どうしても入りたくて予約できない日はその枠を確保しておきましょう。

 

※「入園予約」&「キャンセル待ち」は年間パスポート1枚につき3日分まで可能です。

※年間パスポートを新規購入してからデータが反映されて入園予約ができるようになるまで数時間〜1日かかります。作成当日のみ予約なしで入園可能です。

 

ちなみに上記が入園予約画面で緑色の日が予約可能日、青色の日がキャンセル待ちになる日です。

 

まとめ

メモ書き程度になってしまいましたが、これから渡航する方の参考になるかな?と思うことは今後もこちらのページに追記していこうと思っています。

 

コロナでしばらく海外来れませんでしたが、やっと世界的には正常化しつつあると思うので!

せっかくのパリディズニー、お互い思いっきり楽しみましょう〜^ ^!


コメントを残す