フランスの蚤の市~クリニャンクール~開催曜日や時間など

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

日本でも都内や大阪などで頻繁に開かれている蚤の市。この蚤の市とはもともとフランスのパリにあるポルト・ド・クリニャンクールという地区で開かれている中古市場のことなんです。

 

都内の蚤の市にも以前訪れたことがあるのですが、やはり規模や売っているものの豊富さは本場クリニャンクールの蚤の市が勝っていると感じます。

 

パリ観光の際はぜひ立ち寄ってほしい場所の一つ、「クリニャンクールの蚤の市」を今回は詳しく紹介していきたいと思います!

 

クリニャンクールの蚤の市とは

 

1880年代から始まった蚤の市。商店を設置しやすいように道路を整備するなどして拡大し、現在はパリで最大規模の市場にまで成長しました。

 

いくつかのエリアから形成されており、エリアごとに品ぞろえが異なるのでゆっくりと時間をかけて全てのエリアを回るのがオススメです。

 

クリニャンクールの蚤の市を歩いてみよう

 

 

私がこちらに辿り着いたのは日曜日の午前中。着いた時にはすでに多くの人たちで賑わっていました。地元の人らしき方も多かったのですがやはり観光客のほうが多いかな?

 

蚤の市といえば骨董品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。古い置物やアンティークな家具、お皿などももちろんありましたが商品はバラエティに富んでおりこの場所に来れば何でも揃うのではないかという印象を受けました。

 

こちらの露店にはTシャツがずらりと並べられています。蚤の市で売られている洋服は安いものが多く、5ユーロ程度から買うことができます。

 

スーツケース1つで日本からフランスへと飛び立った私にはとてもありがい場所でもありました。まず服を揃えるところから生活がスタートするようなものなので(笑)蚤の市で洋服を安く揃えおしゃれを楽しんでいました♪

 

パリの服を安く手に入れたい!という人にとっては蚤の市は最適かもしれません☆ちなみに子供服から女性物、男性物等幅広く揃っていますよ♪

 

人が群がっている場所を見つけたのでちょっと覗いてみました。どうやら画家の露店のようです。有名な方なのでしょうか?お値段はそこそこするようなのですが買うかどうか相談しているようなご夫婦さんも。

 

芸術的センスが全くない私には絵の良さはよくわからず…(笑)気に入ったものを1枚でも買って家のリビングに飾っておけばよい思い出になるかもしれませんね。

 

コインを入れて遊ぶ昔のゲーム機を並べた店もありました。数年前になくなってしまいましたが東京ディズニーランドのワールドバザールにもこんなお店ありましたよね!?どことなく昭和風の懐かしさが漂っています。パリ市内とは思えませんね。

 

ヨーロッパの食器類。狭い通りに無造作に並べられているのでバッグなどをぶつけて割らないか、ちょっとヒヤヒヤしてしまいました。

 

こちらは大きめのビーズ。手芸が趣味の方に良いかもしれません。色とりどり、様々な大きさのビーズが揃っていました。

 

変わった置物や被り物。パリというより東南アジアにありそうな露店ですよね。掘り出し物も見つかりそうです。

 

商品の買い方

スポンサーリンク

 

気に入ったものを見つけたら早速購入♪
お店の人に声をかけてまずは商品をチェックしてみましょう。壊れていないか、保存状態は良好かなど、中古品が多いので自分の目でしっかり見て確かめる必要があります。

 

購入を決めたらまずは値段交渉。スマートフォンの電卓機能を使って値段を提示してみたりノートに値段を書いてみたり。言葉は通じずとも物おじせずに値段交渉に挑戦することをお勧めします。びっくりするくらい安くなることもあるそうですよ♪

 

値段交渉が済んでいざ購入!ですがここで注意しなければならないのがクレジットカードは使えないという点です。クレジットカードを使うことのできる店もあるようですが蚤の市でのクレジットカード支払いはスキミングに注意しなければなりません。できる限り十分な現金の用意をお勧めします。

 

治安について

 

クリニャンクールの蚤の市がある地域は18区。パリ市内でも治安が悪いと言われている地域です。実際「蚤の市でスリに遭った!」という話もよく聞きます。

 

私はこの日一人で行きましたが、やはり地域の人たちや街の雰囲気等から治安の悪さをひしひしと感じました。あまり一人歩きはおすすめできません。複数人で行動するか、蚤の市のツアーに申し込み日本人ガイドと一緒に回るのも良いかもしれません。

 

上記でも述べたようにクレジットカードは基本的には使うことができないので現金を持ち歩くことになります。蚤の市に行くときは常に貴重品類から目を離さずに行動してくださいね。

 

スリ対策については下記の記事も参考にしてみてください。

スリの手口とその対策

 

場所・開催日時

毎週土曜、日曜、月曜朝9時から夜19時まで開催されています。店によっては遅い時間に店を開けたり月曜は休みだったりするようなので土日のお昼前後に行くのが一番効率よく店を回ることができると思います。

 

 

まとめ

 

100年以上の歴史をもつクリニャンクールの蚤の市。様々な商品が立ち並び、アンティークな小物から服といった日用品まで何でも揃えることができます。

 

お気に入りの商品を見つけたら値段交渉をして自分の納得のいく買い物をできるのも蚤の市の醍醐味!スリにも気をつけつつ、ぜひ本場の蚤の市を楽しんでみてください♪

 

スポンサーリンク



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す