パリのミュージアムパス・購入場所、使える箇所は?

 

 

 

 

スポンサーリンク

パリ観光を楽しむために事前に購入をお勧めしたいチケットがあります。

それがパリ・ミュージアムパスです!

 

パリ・ミュージアムパスとは

パリの観光場所ではチケットを買うのにさえ行列に並ぶのが当たり前ですが、このパスを事前購入しておけば、対象の美術館にフリーで入ることができ、チケット購入のための行列に並ぶ必要もありません☆

パリの一般的な観光名所を巡るならある意味必須となるチケットでしょう。

購入方法

パリ・ミュージアムパスには次の4種類があります。

  • 2日券 48€
  • 4日券 62€
  • 6日券 74€ 

各々使用開始日から連続して2、4、6日間使うことのできるチケットとなります。

 

日本で事前に購入する場合

パリ・ミュージアムパスのオフィシャルサイトから予約可能。

事前に予約し、バウチャーを印刷、現地にあるパリ観光局インフォメーションセンターにて引き換える形となります。

 

また、送料はかかってしまうのですが、日本で事前に受け取ることも可能です。

  • 日本全国送料一覧

関東/甲信越/東北/中部/北陸/関西:540円
中国/四国:660円
九州/北海道:770円
沖縄:820円

 

現地で購入する場合

パリ市内のあらゆる場所で購入可能です。

パリに着いたら情報収集がてら観光局により、ミュージアムパスを購入するのもいいですね♪

ミュージアムパス購入場所

  • シャルル・ド・ゴール空港観光局インフォメーションセンター
  • パリ市内観光局インフォメーションセンター
  • パリ市内各種チケット取扱店舗
  • ミュージアムパス使用可能美術館チケット購入窓口

 

使用可能場所

スポンサーリンク

 

パリ・ミュージアムパスを使うことのできる観光名所は数多くあります!

以下に一覧としてまとめてみましたので参考にどうぞ♪

・パリ市内

ルーブル美術館(火曜定休)

オルセー美術館(月曜定休)

ポンピドゥーセンター(火曜定休)

オランジュリー美術館(火曜定休)

ピカソ美術館(月曜定休)

ロダン美術館(月曜定休)

クリュニー中世美術館(火曜定休)

ギュスタブ・モロー美術館(火曜定休)

ドラクロワ記念館(火曜定休)

エベール美術館(閉館中)

ニシム・ド・カモンド美術館(月・火曜定休)

ケ・ブランリー美術館(月曜定休)

ギメ美術館(火曜定休)

アラブ世界研究所(月曜定休)

ユダヤ教芸術歴史博物館(土曜定休)

モード・テキスタイル博物館(月曜定休)

装飾芸術美術館(月曜定休)

凱旋門

ノートルダム寺院有料エリア(月曜定休)

パンテオン

コンシェルジュリー

サント・シャペル教会

下水道(木・金曜定休)

軍事博物館

レリーフ地図の博物館(第一月曜定休)

建築・文化財博物館(火曜定休)

海洋博物館(火曜定休)

レジスタンス解放博物館(第一月曜定休)

移民史博物館(月曜定休)

科学産業博物館(月曜定休)

音楽博物館(月曜定休)

映画博物館(火曜定休)

広告博物館(月曜定休)

工芸院博物館(月曜定休)

パレ・ド・ラ・デクベルト(月曜定休)

 

・パリ郊外

ヴェルサイユ宮殿・トリアノン(月曜定休)

フォンテーヌブロー城(火曜定休)

マルメゾン城(火曜定休)

ランブイエ城(火曜定休)

コンピエーニュ城(火曜定休)

コンデ博物館・シャンティ城(火曜定休)

ヴァンセンヌ城

サンジェルマン・アン・レイ考古学博物館(火曜定休)

シャン城(火曜定休)

イヴリン県立モーリス・ドニ美術館(月曜定休)

メゾン・ラファイエット城(月曜定休)

ピエールフォン城

シャアリ修道院

ルネッサンス博物館・エクアン城(火曜定休)

セーブル陶磁器博物館(火曜定休)

サン・ドニ寺院

ポール・ロワイヤル博物館(火曜定休)

ムードン・ロダン記念館

サヴォア邸(月曜定休)

航空宇宙博物館(月曜定休)

 

 

私も以前旅行でパリを訪れた際に使用したのですが、チケットを並んで買わずに済む、効率よく美術館を巡ることができるという点で重宝してました♪

 

観光でパリを訪れる際はミュージアムパス、是非チェックしてみてくださいね☆

 

スポンサーリンク

 

 



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す