パリ音楽祭2017・音楽家が街に溢れる日を楽しもう!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

パリでは年に1度、音楽家が街に溢れ、無料で音楽を楽しむことのできる日があります。

 

それがFete de la musique(音楽祭)。今回はそのパリの音楽祭について紹介していきたいと思います。

 

Fete de la musiqueとは

 

1982年より、年に1度夏至である6月21日に行われる音楽の祭典です。路上やカフェ等とにかく至る所にプロやアマチュアの音楽家が繰り出し1日中パフォーマンスを披露します。

 

この日はパリに住むほとんどの人が外出し、無料の路上コンサートを楽しみます♪

 

この音楽祭を行っている目的はアマチュアミュージシャンに演奏をする機会を与えること、また音楽に接することがない人々にも音楽に触れ合う機会を与えることなんだそうです。素敵すぎますねこの考え方!!

 

 

おすすめ観賞場所

 

スポンサーリンク

 

街中がライブホールのような状態となるため歩いていれば何かしら曲が聞こえてくるというような日ではありますが。

 

やはりプロの演奏も聴いてみたい!!という方もいるはず。その場合はFete de la musiqueの公式ホームページを見てみるとプログラムが載っています。

 

主なプロの演奏場所はルーブル美術館、リュクサンブール公園、オルセー美術館など。観光名所が多いようです。

 

また、15区にある日本文化会館では日本人演奏家によるパフォーマンスも行われるようです。例年日本の伝統楽器なども披露されているそうなので日本人の私でも観に行きたいくらいです♪パリでどんな日本の伝統楽器を披露してくれるのでしょうか☆

 

また、サンマルタン運河やセーヌ河沿いでは河をバックにした絶好のロケーションで音楽を楽しむことができるそう。カフェや路上パフォーマンスは人で人で溢れかえりゆっくりすることは難しいかもしれませんが、ちょっと喧騒から離れ、河のほとりで音楽を楽しむ、なんていうのもいいですね!

 

 

まとめ

 

パリでは毎年、夏至である6月21日に音楽祭が行われます。この日は街中が楽しい雰囲気に満たされ様々な音楽を聴くことができます。

 

もしプロの音楽を聴きたいのであれば公式ページで場所と時間のチェックをしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す