パリの夜景・写真スポット紹介~ルーブル美術館~

実は私カメラを撮るのが趣味だったりします。

女子が持つには少々重くて大きすぎる一眼レフカメラを携え

パリの夜景散策に出るのがこちらに住んでからの楽しみの一つです。

ど田舎出身の私にとって、夜のパリの街は宝石のようにキラキラしてみえるんです☆(笑)

今日はルーブル美術館の夜景を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Musée du Louvre

ルーブル美術館といえばだれもが知る世界最大規模の美術館。あの有名な絵画、モナリザも展示されている美術館で来場者数は世界一です。

建物も重厚感あるつくりで、フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも登録されています。

今回私が写真を撮りに訪れた場所はそんなルーブル美術館の中庭。
重厚な建物の中に近代的なガラス張りの入口があるのが印象的な場所です。

ここはパリで有数の撮影スポットでもあり、いつも沢山の観光客が写真を撮っています。

この場所、昼間ももちろん綺麗です。パリっぽい素敵な写真が撮れると思います。
ただ、私がお勧めしたいのはなんといっても夜!!

ライトアップされたピラミッド。まさに宝石のようじゃありませんか?

このピラミッド、夜になると品よく、美しくライトアップされるんです。

晴れている日の夕暮れ時は青い空、太陽にほんのり赤く染まった雲、黄金にライトアップされた建物を撮ることができます。

写真の腕はまだまだなのであまりうまく撮れていませんが(泣)

右側の馬の彫刻をいれて撮るこのアングルで撮っている方が多いように感じました。

また、パリは雨があまり降らない街です。
観光に来る方にとってはいいことかもしれません。しかし、その分降られてしまった場足の落胆ぶりは大きいですよね?

ただ、落ち込まないでください。
雨を待ちわびている在住者がここにいます(笑)
だって雨の日は晴れの日に比べて何十倍も素敵な写真が撮れるんです!!

水で濡れた地面に映るガラスのピラミッド。雨の日しか撮ることのできないショットです。

後ろのアングルからもパシャリ。

地面に別の世界が広がっているようで。
写真を撮りながらなんとも言えない気分になってきました。

試しに上の写真をそのまま反転。

二つの世界が広がっています。湖の湖面に映る逆さ富士のようですね。

入口。綺麗にピラミッドが映るこの地面の上を歩くのはなんとも不思議な気分でした。

みなさんも綺麗な写真を撮りたいならばぜひ、夜に訪れてみてください!
ちなみに私、一人でパシャパシャ写真を撮っていましたがこの辺りは治安も良いので安心ですよ☆

スポンサーリンク



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す