パリ・ルーブル美術館の観光へ~雨の日の絶景写真スポット~

スポンサーリンク

せっかくのパリ観光でも雨が降ってしまうとちょっと損した気分になりますよね。

 

青空のパリももちろん綺麗だけれど、雨の日しかみることのできない素晴らしい夜景があるんです。

 

日本と違い、小雨が降ることは多いヨーロッパですが、がっつりと雨が降ってくれないとみることのできない情景。

 

 

今回はそんな情景の中からルーブル美術館の夜景を紹介していきたいと思います。

 

是非カメラをもって素敵な夜景を思い出の1枚として納めてきてくださいね!

ルーブル美術館

ルーブル美術館といえばだれもが知る世界最大規模の美術館。あの有名な絵画、モナリザも展示されている美術館で来場者数は世界一を誇ります。

 

建物も重厚感あるつくりで、フランスの世界遺産にももちろん登録済み☆

 

そんなルーブル美術館に雨の日だからこそ、ということで私が写真を撮りに訪れた場所は美術館のチケットがなくても誰でも訪れることのできる中庭!

重厚な建物の中に近代的なガラス張りの入口があるのが印象的な場所です。

ここはパリで有数の撮影スポットでもあり、今話題のインスタ映えを狙う人やプロのカメラマンなど沢山の人が写真を撮りに訪れます。

 

この場所、昼間ももちろん綺麗です!パリっぽい素敵な写真が撮れると思います。

夜景(晴れの日)

昼間もおすすめな写真スポットですが、私が1番に訪れるのをお勧めしたいのは夜♪

 

ライトアップされたピラミッド。まさに宝石のようじゃありませんか?

 

このピラミッド、夜になると品よく、美しくライトアップされるのが醍醐味。この夜景を撮るために夕方~夜、日が落ちてからこの場所を訪れる人も大勢いるんですよ♪

晴れている日の夕暮れ時は青い空、太陽にほんのり赤く染まった雲、黄金にライトアップされた建物を撮ることができます。

 

私の写真の腕はまだまだなのであまりうまく撮れていませんが(泣)

 

右側の馬の彫刻をいれて撮るこのアングルで撮っている方が多いです。パリの歴史的彫刻と近代的なピラミッドが良い感じに入りますね☆

夜景(雨の日)

スポンサーリンク

そして私が何よりお勧めしたいのが、雨の日の夜景!

パリはあまり大雨が降ることはないのですが。そんな日を今か今かと待ちわびている在住者がここにいます(笑)

 

だって雨の日は晴れの日に比べ、何十倍も素敵な写真が撮れるんです!!

雨の日の夜景の見所はなんといっても濡れた地面にうつるもう一つの情景。

 

地面の中にもう一つの綺麗な世界が広がっています。

 

こちらはピラミッドの裏手側に回って撮った写真。

 

ここまで来れば人もあまりおらず、思う存分に素敵な写真を撮ることができます。

写真を撮りながらなんとも言えない気分になってきます。

 

地面が雨で綺麗に濡れていればいるほど地面に美しく広がるもう一つの世界。試しに写真をそのまま反転させてみました♪

2つの世界が広がっていますね!湖の湖面に映る逆さ富士ならぬ逆さルーブル!!逆さピラミッド!!

 

ルーブル美術館の入口。綺麗にピラミッドが映るこの地面の上を歩くのはなんとも不思議な気分です。

 

夜の治安について

基本的に観光地や写真スポットには沢山の人が訪れるので夜でも不安なことはありません。

 

危険な場所というと人気のない場所になるのですが、ルーブル美術館周辺はたとえ終電の時間まで居座っても人波が途絶えることもない場所です。

 

ただ、日本と違いスリはいつでもどこにでもいると思って行動してくださいね!写真撮影に夢中になり、いつの間にか財布がなくなっていた!なんてことのないように注意してくださいね。

 

スリ対策に関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

スリの手口とその対策・パリでスリ被害が多い場所は?

まとめ

ルーブル美術館の中庭は沢山の人が訪れる写真スポット!!美術館のチケットがなくとも入ることができ、バスや徒歩で気軽に訪れることのできる場所です。

 

雨が降ってしまった日はなんとなく残念な気持ちになってしまうかもしれませんが、そんな日しか見ることのできない素晴らしい情景もあるんです!!

 

おすすめは夜景。私はよく女性一人でこの場所を訪れていましたが、沢山の人がいて安全です。安心して夜景を見に訪れてくださいね♪

スポンサーリンク



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す