スリの手口とその対策・パリでスリ被害が多い場所は?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

観光地として人気の高いパリですが、スリ被害が多い国としても知られています。

 
 
重犯罪は少ないらしいのですがiPhoneや財布を盗られたという話は頻繁に聞きます。
先日同じタイミングでパリに来た友達に久しぶりに会ったのですがなんと4回スリに遭遇したという話を聞きました。
 
 
 
せっかくのパリ滞在。楽しかった思い出だけで終わらせるためにもスリ対策はしっかりしていきたいですね。
 
 
 
こちらに来てから友達や知り合いがどのような被害に遭ったか、またそれらに対する私なりの対策をお話ししていきたいと思います
 
 
 

スリの手口

 

 
まず、パリ市内でよくあるスリの手口についてお話ししていきます。
 
 
 
彼らはスリのプロ集団。油断すればあっという間にやられますが手口を前もって知ることで予防につなげて欲しいです。
 
 
 

スリ集団

 
 
パリでよく起こるスリのほとんどはプロのスリ集団によるグループワーク。その例を挙げていきたいと思います。
 
 
  • 署名
 
観光地に行くとよく「署名をしてください」と女の子達に声をかけられます。
しかし署名活動はフェイク。この署名に同意すると名前を書いている間に他の仲間がバッグやポケットから金品を奪っていきます。
 
 
 
署名を頼まれても絶対に名前を書くことに同意をしないでください
 
 
 
  • カフェのテーブル上で
 
日本人の悪い癖として、iPhoneなどをテーブル上に置いてそのまま友人との話に夢中になったり、ということがありますよね。
これ、パリではとても危険です。
 
 
 
よく聞くのがマップを持った人が「この場所に行くのはどうすれば良い?」とマップをテーブルの上に広げて聞いてきます。それに答えると「ありがとう」と満足げに帰って行くのですがその時にマップとテーブル上のiPhoneを一緒に掴みそのまま持っていってしまうというもの。
 
 
 
自分の貴重品からは常に目を離さない、人目のつくところには置いておかないことが重要です。
 
 
 
  • 電車内やバス内で

 

電車やバスに乗った時も注意が必要です。
 
 
 
電車でスマートフォンをいじっていると駅に停車してドアが閉まる直前にスマートフォンをスられそのまま電車を降りて逃げられるという話。満員の車内で鞄の中から財布やスマートフォンをスられそのまま気づかなかったという話。電車やバスに乗る際にわざと集団で押し込み、鞄から一瞬にして金品を抜き取られる話など。
 
 
 
日本ではあり得ませんがパリではこんなことが日常茶飯事です。特にお土産鞄を沢山持って両手が塞がった観光客は標的になりやすいので注意しなければなりません。
 
 
 
  • 道端で

 

観光中や移動中にカバンやポケットからモノをスられたという話をよく聞きます。
私の友人はポケットにスマートフォンを入れそれを手で握りしめていたらしいのですが。ある時フレンドリーに握手を求められ、スマートフォンから手を離した隙に別の仲間にスマートフォンをポケットから抜き取られたという話を聞きました。
 
 
 
また、リュックサックを背負って信号を待っていた時振り向いたら鞄の中に手を突っ込まれていたという話も。
 
 
 
目の届かない背後に貴重品を所持したり安易にポケットにスマートフォンを入れておくのはやはり危険なようです。
 
 
 

スリが起こりやすい場所

スポンサーリンク

 
パリの中でもスリの起こりやすい場所はある程度決まっています。
 
 
 
その一番は観光地です。地元民よりも慣れておらず、また現金を沢山所持している可能性の高い観光客が一番の標的となることが理由として挙げられます。
 
 
 
また、電車やバス内でも通勤ラッシュの混む時間帯などは注意が必要。混雑した車内で鞄から目を離すとその隙に一気に金品を持っていかれてしまいます。
また、空港と市内間を走るRERのB線も治安が悪くスリが多いと言われています。
 
 
 
そして通りに面したカフェのテラス席。ここでは財布やiPhoneをテーブルに出していると盗っていってくださいと言わんばかりのアピールになってしまうので気をつけてください。
 
 
 

スリの対策

 
スリの手口や起こる場所を把握するだけでも防犯になるとは思うのですが、具体的に私がどのような防犯対策をしているかも紹介していきたいと思います。
 
 
まずは持ち歩き用の鞄について。よく斜めがけの鞄が海外旅行には1番!という話を聞きますが自分の身体の後ろ側に鞄をまわしてしまったり意外と身体の下の方にあるため目が離れやすかったりで実はあまりお勧めできません。
 
 
 
私は今チャック付きのショルダーバッグを使っています。
パリはスリは多いですがひったくりは意外と少ないです。人が多い故、強引に鞄をひったくり逃げるのが難しいからでしょうか。
 
 
 
肩にショルダーバックをかけ、常に鞄の蓋を腕で挟み込むようにして街中を歩いています。これでこれまでスリに狙われたことはありません。
 
 
 
また、いずれにしてもどんな鞄にせよチャックが付いているものというのは欠かせない条件な気がします。チャックが付いていなければ高確率で鞄の中のものを持っていかれてしまうと思います。
 
 
  • 財布
また、おすすめなのがダミー財布の準備。
 
 
 
スリの手際には驚かされるばかりですが手際よく、サッと取っていくのでダミー財布を鞄の上の方にいれておけばそれだけ取って満足してくれる可能性が高いです。
 
 
 
私はダミー財布には少額のお金をいれて普段使いをしています。
カード類、パスポート、現金のほとんどは鞄の内ポケットに収納。スマホも鞄の下の方に常に入れています。
 
 
 
 
 
  • 油断をしない
そして1番の防犯は油断をしないこと!
少しだけだから…っとカフェで荷物をおいて席を立ったら席に戻った時には鞄がないものだと思って良いと思います。
スリのプロは油断している人を目ざとく見つけ、標的とします。常に油断さえしなければ標的にされることはまずありません。
 
 
 
実は私ここ最近電車内で居眠りをしてしまうので(笑)改めて気を引き締めていきたいなぁと思っています。
 
 
 
ただ、パリに来た当初に比べ明らかに周りをよく見ることができるようになったのを感じます。今自分のいる場所、周りにスリがいるかどうかの判断はできるようになりました。
 
 
 
やはり慣れって大事だなぁと思うと同時に観光客が狙われ、地元民がスリ被害に遭わない理由もわかってきた気がします。
 
 
 

まとめ

 

パリでは油断をするとあっという間にスリ被害に遭ってしまいます。スリの手口を知り、頻繁に被害が起こる場所では気を引き締めて行動するのが一番です!

持ち歩くカバンを考えたり、ダミー財布などで防犯対策をしっかりすること重要です。

スポンサーリンク

 



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す