パリ~日本語が話せる病院へ~

海外に住んでいる時、もし体調を崩したらどうすればよいのか?

旅行者の場合はまずホテルのフロントに助けを求める、保険会社に連絡をして病院を紹介してもらうなどの対応を目にしますが

海外に住み普通に生活している場合、ちょっと風邪をこじらせたり体調が悪くなった場合に診察をして薬を処方してもらえるような行きつけの病院がほしいですよね。

私自身、健康が取り柄の人間だったりするのであまり詳しくはなかったのですが…こちらでできた友人に風邪をこじらせた時の話を聞いたところパリには「American Hospital」という日本語対応可能な有名な病院があるとのこと。

アメリカンホスピタルホームページ(日本語)

ビザ申請の際に海外旅行保険加入は必須事項となっているので、診察、薬の処方、更には病院までのタクシー代も領収書をもらえば保険料でまかなえるとか。

保険に入っているならば利用しない手はない!ということで私も風邪を引いた際に訪れてみました。

スポンサーリンク

American Hospital

病院の外観はこんな感じ。病院なので内部の写真は撮っていないのですが改修工事とかしてるのかな。外観は古そうですが内部は白が基調の綺麗な病院でした。

入口入ってすぐに受付の方がいるので「日本人です。」と伝えると日本語で日本人医師のいる診察室を案内してくれます。(確か道順は入って右、左、左と言われたような?)

病院の作りも単純なので案内通りに進むと特に迷わず日本語で案内が書かれた4番診察室の待合室へ到着。ソファーに座って名前が呼ばれるのを待ちます。

ホームページに記載されている日本語対応可能な電話番号で事前に予約を取っていたのですが他に待っている人もおらず予約時間15分前には名前を呼ばれ診察室へと案内されました。

対応してくれたのは日本人医師の三村先生。ここ本当にパリ?っていうくらい丁寧に日本でよくされるような診察を一通りやってくれました。もちろん全て日本語。

最後に診断を言われ薬の処方箋をその場でいただきます。私の場合は普通の風邪だったので薬の処方箋をどこでもいいのでPharmacy(薬局)に見せれば薬を出してもらうことができるとのこと。パリ市内にはいたるところにPharmacyがあるのですが私は家の近所のところで薬に引き換えさせてもらいました。もちろん保険料で賄ってくれるのでお金は払っていません。

海外の病院に行く、と考えると結構ハードルが高かったのですが驚くほどスムーズに診察、薬処方をしてもらいました。

病院の待合室に置いてあった案内も写真載せておきます。

電話で事前予約をする際は初めての診察の場合「名前、生年月日、住所、電話番号」を聞かれます。また、診察を受ける際に海外旅行保険の証明、パスポートを持ってくるようにとのことを言われました。

スポンサーリンク

 



ブログランキングに参加しています。 応援のクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




コメントを残す